ポリフェノールの白髪や薄毛の改善効果について

ポリフェノールの白髪や薄毛の改善効果について

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は若いうちから白髪が多くなったり、薄毛に悩む人たちも増えています。その原因にはいろいろありますが、その中でもストレスが原因の白髪や薄毛も多いようです。だからこそポリフェノールはこれらの予防・改善にも効果があるのです。

白髪防止・改善


本当に辛いことがあると一晩で黒髪が真っ白になると言われるほど、ストレスと白髪は関係が深いと言われています。ポリフェノールは酸化ストレス因子を低減したり、ストレスによって発生する活性酸素を分解することができるため白髪予防の効果があります。

昔から漢方では白髪を黒髪にするには黒い色のものを食べろと言われています。黒豆、黒米、海藻、ブルーベリーなど紫や黒の食品にはポリフェノールの一種、アントシアニンが多く含まれているものばかりです。

ストレスなどで増えてしまった活性酸素によって、毛根にあるメラニン組織が傷付けられることで白髪になります。アントシアニンは抗酸化作用が強いため白髪予防効果が高く、白髪改善にもつながっていきます。

薄毛予防・改善


ポリフェノールはストレスや加齢による薄毛の予防や改善にも効果があります。ポリフェノールの大きな効果として血管の拡張があります。血流が良くなり、毛細血管まで血液が行き届くことからも頭皮の状態が良くなり抜け毛、しいては薄毛の予防・改善になります。

紫外線による地肌のストレスや大気汚染など、髪の毛と地肌を取り巻く環境によるストレスは毛母細胞まで傷付け、皮脂も酸化し毛穴が詰まってしまいます。そこから抜け毛が起こるのです。

ポリフェノールの高い抗酸化作用によって、活性酸素自体が分解されることから抜け毛の原因が減っていきます。そして毛母細胞が傷付かなければ正常に新しい髪の毛もどんどん生まれてきますので薄毛という状況は必ず改善されていきます。


毛母細胞が健全で、しっかり頭皮、髪にまで栄養が行き届く状態になれば薄毛は起こりません。この状態を保つためにもポリフェノールは絶対に必要な栄養素だと言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加