ポリフェノールで虫歯を予防できる

ポリフェノールで虫歯を予防できる

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポリフェノールが虫歯の予防に効果があるということが盛んに言われています。どのように虫歯を予防するのでしょう。虫歯について理解を深めると分かりやすいと思います。

虫歯になる3つの条件


虫歯になるには歯と虫歯菌と糖分の3つの条件が揃う必要があります。そのために歯と虫歯菌が直接接触しないようにすること。または歯と糖分が接触しないようにすることが虫歯を作らないことにもなります。

虫歯を予防する3つの方法


虫歯予防には3つの方法があり、その一つには歯ブラシなどで洗浄する方法があります。二つ目は歯表面に、エナメル質を守るフッ素の塗布をするという方法があります。そして3つ目に虫歯菌と糖分が合体して作られるデンタルプラークつまり歯垢を抑える効果が高いポリフェノールを利用する方法があります。

ポリフェノールの効果


虫歯には緑茶に含まれる緑茶ポリフェノールとカテキン、そしてウーロン茶に含まれるウーロン茶ポリフェノールとカテキンが虫歯を抑制する効果があると言われています。緑茶ポリフェノールは歯垢を抑制し、カテキンはその殺菌力の高さから口内バクテリアの発生などを抑えます。

ウーロン茶にはカテキンも含まれますが、ウーロン茶ポリフェノールが大量に含まれているために、歯垢を制御する効果がとても高いと言われています。

このウーロン茶ポリフェノールは、カテキンの重合によってできたウーロン茶独特のポリフェノールなのです。つまり緑茶よりウーロン茶の方が、歯垢抑制には効果が高いと言えるのです。逆に口内衛生の面では緑茶に多く含まれるカテキンが大活躍してくれます。

ウーロン茶ポリフェノールを上手に利用する


虫歯予防に効果の高いウーロン茶を上手に毎日の生活に取入れることで、虫歯予防ができます。まず食後3分以内の歯磨きが良いと言われていますが、このときにもウーロン茶を含むようにしましょう。

食事中はもちろん、寝る前にウーロン茶で口をすすぐと歯垢が付きにくくなるだけでなく、付いた歯垢も剥がれやすくなります。副作用のある薬でもなく、すぐに手にはいるウーロン茶なら、子どもの虫歯予防にもおおいに利用できそうです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加