ポリフェノールのストレス解消効果について

ポリフェノールのストレス解消効果について

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポリフェノールにストレス解消効果があるということは、多くの人が耳にしたことではないでしょうか。しかし、どうしてそんなにストレス解消効果が高いのでしょう。ストレスとはいったいなんなのでしょう。

ストレスとは?


ストレスというと人間関係、仕事、家庭、病気、などいろいろなことが原因で起こります。ちょっとした不快なことを我慢するだけでもストレスは溜まります。つまりストレスというのは外的、内的からの問題に対して、それを乗越えるときに起こる適応するために起こるプロセスのことを言うのです。

例えば犬の好きな人は犬を抱くことで、ストレスどころかストレス解消になります。しかし犬が怖いという人にとっては大変なストレスになります。このように状況に適応するときに少しでも乗越えにくい条件があるとストレスが起こるのです。

ストレスは自律神経やホルモンバランスにも影響するためにイライラや不安、悲しみ、落ち込みなどを起こしてしまいます。

ストレス改善にポリフェノール


ポリフェノールはストレスによって増えてしまったホルモン分泌を抑える効果があります。体や心がストレスを感じることで副腎皮質ホルモンが分泌されますが、ホルモン分泌、分解する過程で活性酸素が発生します。この活性酸素を分解するのがポリフェノールであり、それによって副腎皮質ホルモンの異常分泌を抑える効果につながっていきます。

またストレスは筋肉の緊張が起こります。それによって血管の収縮が起こり血流を悪くします。そして今後、縮んだ血管が拡張したときには活性酸素が大量発生してしまいます。ポリフェノールは血管を広げる効果もあり、発生した活性酸素を分解するためにストレス解消となるのです。

コーヒーで一休み


心を癒し、幸福感を高めてくれるセロトニンという物質がストレスによって減少し、交換神経が緊張することでストレスは増えると言われています。このセロトニンの働きを助けるのがカカオの渋味成分であるポリフェノールの一種、デオブロミンなのです。

またココアポリフェノールが緊張をやわらげ、ストレスに対する適応力が高まるという効果が高いということも実権の上分ってきています。ストレス解消にちょっとコーヒーブレイクというのも意味があったというわけです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加