ポリフェノールで不妊の関係について

ポリフェノールで不妊が治る?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポリフェノールは不妊治療にも効果があると言われています。どのような理由から不妊症にも効果があるのでしょうか。

不妊症を改善するには?


不妊症を改善するにはその原因にもよりますが、二次的には女性ホルモンのバランスが整っていないことが一番に挙げられます。それが冷え性のためだったり、自律神経の関係だったり、栄養のバランスの悪さからだったり、不眠のせいだったりといろいろあります。

その元になる原因を改善することはもちろんですが、ホルモンバランスの調整と体質改善をしていかなければなりません。そのためにもポリフェノールは不妊症にも高い効果があるといわれているのです。

不妊治療のため


ホルモンバランスを整えるならイソフラボンなどのエストロゲン調整も効果がありますが、やはりエストロゲンの増量だけでなく、体質改善をしていく必要があります。そこで不妊治療にとても人気があるのがザクロに含まれるエグラ酸なのです。

体の冷えによって生理不順、排卵障害、子宮筋腫、子宮内膜炎などにつながります。これは妊娠とも深くかかわることなのです。そこでこのエグラ酸が冷え性体質を改善と妊娠力アップにも最適だと言われているのです。もちろん他のポリフェノールも、冷え性体質改善には効果はあります。

ザクロの言い伝え


ザクロは昔から子宝果実と言われていて、妊娠したい女性に食べさせるといいと言われていました。ザクロの実を割ってみると、中にはたくさんの種が入っていますね。ザクロ自体が妊婦のお腹のような形をしていることから、子だくさんというイメージで縁起がいいと言われていたのです。

しかし、昔からの言い伝えでは本当にザクロを食べると妊娠する女性が多かったことから、迷信ではなく本当に子宝の果実だと信じられていたようです。しかし、今になってみると化学的に解明できるようになり、ザクロの中のエグラ酸が冷え性改善効果が高く、妊娠効果が高かったということだったのです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加