ポリフェノールの冷え性改善効果について

ポリフェノールの冷え性改善効果について

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポリフェノールには冷え性改善の効果があります。これは多くのポリフェノールの効能の中の一つですが、血液の循環をよくする効果と血液自体をさらさらにする効果が由来します。もう少し冷え性改善とポリフェノールに関して掘り下げてみたいと思います。

冷え性の原因


冷え性の原因には大きく分けると4つに分れます。
  1. 血液がドロドロになってしまっている場合、血流も悪くなり毛細血管まで血液が行き届かないことからも冷え性になります。
  2. 動脈硬化も冷え症の原因となります。これもドロドロ血液が関係して血流が悪くなります。
  3. 筋肉のコリが原因で血流が滞り、それが冷え性の原因になります。
  4. ストレスから起こる冷え性の場合は過緊張による冷え性が多く、自律神経のバランスは乱れ血流障害が起こります。内的、外的なストレスから活性酸素も増加し、血管が収縮することで血流障害が起こって冷え性になります。

ポリフェノールと冷え性


ポリフェノールには血小板の凝集を抑える作用があるので血液がサラサラになります。このために血栓を防ぎ、動脈硬化の改善効果も高いと言われています。冷え性の原因には活性酸素の影響も強く、そのことからも活性酸素除去効果の高い抗酸化力に優れたポリフェノールが冷え性改善に有効だと言えるのです。

ポリフェノールの種類と血液


ポリフェノールの中でも特にカカオポリフェノールは動脈硬化予防に効果が高く、緑茶などに多いカテキンは血小板凝集を制御しサラサラの血液への改善が期待できます。アントシアニンも血栓などを予防し、やはりサラサラ血液にしてくれます。他にもいろいろなポリフェノールにもこのような効果が期待できるため、冷え性改善に高い効果があります。

ポリフェノールは血液を改善し、血管を改善し、活性酸素を分解するという作用が冷え性改善に高い効果を示してくれるということのようです。最近、エグラ酸というザクロに含まれるプロフェノールに冷え性改善効果が高いと注目されています。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加