ポリフェノールの筋肉増強効果について

ポリフェノールの筋肉増強効果について

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポリフェノールに筋肉増強効果があることが最近言われていますが、どんな理由で筋肉増強に有効なのでしょう。ポリフェノールというと抗酸化作用の高いものだというイメージがあり、筋肉とはちょっと結び付かない人もいるかも知れません。

テオブロミン効果とは?


ココアポリフェノールに含まれる苦さ成分のアルカロイドの一種です。アヘン、モルヒネ、コカイン、スト力ニーネ、ニコチン、カフェインなどに含まれています。ちょっと物騒な名前が並んでいますが、自律神経を調整する作用がありリラックスにも効能があります。

他にも血流をよくし、血液をサラサラにするだけでなく血管を広げるという効果があるのです。それによって血液の再環流が起り、成長ホルモンが分泌されるのです。筋肉増強にはこの成長ホルモン分泌は絶対に必要なものです。そんなことからテオブロミンが筋肉増強に有効だと言われているのです。

テオブロミンは特にカカオ豆などに豊富に含まれますが、マテ茶に含まれるマテインの主成分でもあり、マテ茶もテオブロミンが豊富なのです。他にも血糖値降下作用、利尿作用、大脳集中力・記憶力アップなどがあります。

リンゴポリフェノール効果とは?


アサヒビールと日本体育大学大学院との共同研究において、リンゴから抽出されるリンゴポリフェノールが筋力増強に効果があるという研究発表がされたのです。マウス実験ではリンゴポリフェノールを与えた場合と与えなかった場合では、16%の筋肉増量の差が出たのです。アスリートにとっても逃せない結果となりました。

リンゴポリフェノールはリンゴの果肉だけでなく、皮にも多く含まれているとのことです。つまり筋肉力をアップしたいスポーツ関係者やダイエット希望者まで、とても嬉しいポリフェノールだということになります。

リンゴをできるだけ食べるようにするだけでもダイエットなどには効果がありそうですね。他にリンゴポリフェノールには美白作用、アレルギー抑性作用、口臭予防、老化防止などがあります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加