ポリフェノールの記憶力アップ効果について

ポリフェノールの記憶力アップ効果について

このエントリーをはてなブックマークに追加

記憶力が衰えは疲れると起こったり、老化によっても起こります。これはポリフェノールによって予防・改善することができると言われています。記憶力とポリフェノールはどのような関係があるのでしょう。

記憶力低下と活性酸素の関係


記憶力の低下の大きな原因に、脳の疲れや老化があります。また脳に酸素供給が悪くなったときに記憶力の低下が起こります。脳は酸素消費量がとても多いため、その結果活性酸素の発生も多くなります。そして脳は特に活性酸素の攻撃を受けやすい器官のために脳疾患が起きやすくなるのです。

いわゆる頭を使いすぎると記憶力が低下するというのは、活性酸素が大量増加してしまうからだったのです。そして脳細胞の減少が起こる老化にも拍車がかかってしまうのです。

記憶力低下とポリフェノール


ポリフェノールは疲れて緊張した脳内血管の収縮を改善するという効果があり、血流改善になります。そして脳内に溜まってしまった活性酸素を分解していくために、脳細胞が傷付くことも予防・改善されていきます。それによってポリフェノールは記憶力低下に高い効果が期待できるのです。

アントシアニンなどいろいろなポリフェノールが、特に脳の衰えや脳疾患の予防・改善に高い効果を発揮してくれます。その中でもポリフェノールの一種、カロテノイド系のアスタキサンチンが注目されています。

アスタキサンチンとは?


天然の色素で抗酸化力がとても高いと言われています。赤いパワーとも言われており、脳や目にダイレクトに作用があり、脳の活性酸素除去や脳の血流アップ、眼精疲労効果が高い成分と言われています。アスタキサンチンは、動物の体内生成ができないため食物連鎖で生物の体に取り込まれます。

鮭や鱒のサーモンピンクも、アスタキサンチンの色素のために綺麗なピンクになっています。カニやエビの赤い甲羅ももちろんアスタキサンチンです。コエンザイムQ10の抗酸化力もよく知られていますが、その1000倍にもおよぶと言われているほど、アスタキサンチンの抗酸化力の強さは強大なのです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加