ポリフェノールと長寿の関係について

ポリフェノールと長寿の関係について

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポリフェノールは人が長生きするためにも欠かせない成分です。細胞の老化を防ぎ、サビを取りのぞいてくれます。そのために健康になることができ、それが長寿につながります。

また、最近の研究で明らかになったのですが、ポリフェノールには長寿遺伝子に深い関係があったのです。それによって長寿遺伝子をコントロールすることができる、いわゆる夢の秘薬ができるかも知れません。

長寿遺伝子をコントロール


アメリカの老化研究所(NIA)の研究では、長寿遺伝子にポリフェノールの一種のレスベラトロールが影響しているという発表をしました。つまり長寿遺伝子をコントロールができる、夢の秘薬が見つかったということなのです。

ポリフェノールの一種でもあるレスベラトロールによって、長寿遺伝子がコントロールできるかというと、まだマウスの実験段階であり、人間に通用するか分かるまでは、まだ時間がかかりそうです。

スポンサーリンク


現在出回っているレスベラトロールのサプリでは純粋なものは、ほとんどないことや大量摂取が必要になるので、まだまだ夢の秘薬には高いハードルがあるようです。

また今のままでは必要摂取量を摂るようにするには、レスベラトロールが多く含まれる赤ワインをアル中になるほど飲まなくては効果がないということになります。

レスベラトロールとは?


ポリフェノールの一種で特に赤ワインに含まれ、フルーツの果肉ではなく種や皮に含まれる物質です。もちろんブドウだけでなくナッツ類、大豆、緑茶にも含まれています。

レスベラトロールの効果


*長寿

寿命遺伝子に作用し、試験管内の実験では70%も伸びたと言われ、これはハーバード大学のシンクレール博士らによって報告されています。

*癌抑制

またレスベラトロールは細胞の状態で癌を抑制します。癌細胞が自然に消えるアポトーシス作用にも大きく影響するポリフェノールなのです。

*抗酸化作用

悪玉コレステロールの酸化を抑制し、動脈硬化、高脂血症、心臓病を抑えることができます。

ポリフェノールの一種、レスベラトロールは長寿遺伝子に影響するだけでなく、成人病系疾患の改善や癌抑制効果もあり、それだけでも長生きできそうです。そのうえで、自分の持っている長寿遺伝子までコントロールできるようになったら、やっぱりそれは夢の秘薬ということになそうです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加