ポリフェノールで肝臓の機能が改善される

ポリフェノールで肝臓の機能が改善される

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポリフェノールは肝臓機能改善に高い効果があると言われています。ポリフェノールの種類によっても、肝臓機能のいろいろな面に良い影響を与えてくれます。いろいろなポリフェノールの肝臓機能への影響から、ポリフェノールと肝臓の関係をまとめてみました。

クルクミンによる肝臓機能


クルクミンというとショウガ科のウコンのことですが、秋ウコンに特に効果があると言われています。このクルクミンは肝臓で生成される胆汁分泌とアルコールの分解の促進効果が高いため、肝臓への負担を極力軽くすることができます。

お酒を飲む前にウコンを飲むというのは、この効果が期待できるためなのです。また血中悪玉コレステロールを抑える作用があるため、これも肝臓の負担を軽くしてくれます。

松樹皮ポリフェノール


肝臓機能の向上が期待でき、血小板凝集を抑える効果もあり血流改善にも有効です。
また中性脂肪を抑える効果もあり、肝臓機能の負担を軽くしていきます。

アントシアニン


赤ワインなどでもよく知られているアントシアニンですが、肝機能の向上にもとても高い効果があることでも知られています。血清のγ-GTP、GOT、GPT値を正常にもっていく効果も証明されています。

他に血液サラサラ効果も高く、肝臓機能の向上にとても効果が高いと言われています。アントシアニンが豊富な赤ブドウなどには、レスベラトロールというポリフェノールの一種も含まれており、それも同じく肝臓機能向上に高い効果があるのです。

黒豆ポリフェノール


特に長期的にアルコールを飲んでいる人にとっても効果のあるポリフェノールです。アルコールを摂取したときに肝臓でアルコールを分解しますが、そのときに活性酸素が発生します。

ここでポリフェノールが発生した活性酸素を除去してしまいます。それによって細胞への酸化ストレスを予防するために、長期間お酒を飲んでいる人にも肝硬変や肝炎などの予防効果が高いのです。


ここでは特に代表的なポリフェノールを挙げましたが、ほとんどのポリフェノールに同じような効果があります。特にポリフェノールの高い抗酸化力がアルコール摂取による肝臓負担に大きく影響しています。また悪玉コレステロールや中性脂肪の抑制という点からも肝臓の負担を少なくし正常な機能を改善していくことができるのです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加