ポリフェノールの種類について

ポリフェノールの種類について

このエントリーをはてなブックマークに追加

一言でポリフェノールと言っても、その種類は5000種類以上もあります。ここでは、我々が普段口にする代表的なポリフェノールを紹介しています。

アントシアニン

アントシアニンは、赤ワイン、ブルーベリー、紫イモ、紫キャベツ、黒豆など、紫色の食品に多く含まれているポリフェノールです。強い抗酸化作用があり、脳卒中や心筋梗塞などの動脈硬化が原因による疾患の予防に効果があります。また、アントシアニンは、目の健康に役立つロドプシンの再合成を促してくれるので、疲れ目や視力の回復にも効果があります。

カテキン

カテキンは、緑茶に多く含まれているポリフェノールです。強い殺菌作用があり、風邪や虫歯なでの細菌感染によって引き起こされる病気や症状の予防に効果があります。緑茶でうがいをすると、風邪や虫歯の予防になると言われているのはこのためです。また、カテキンには糖の吸収を遅らせ、脂肪を分解する効果があることから、糖尿病の予防やダイエットにも効果があります。

スポンサーリンク


イソフラボン

イソフラボンは納豆、豆腐、味噌汁、油揚げなどの大豆食品に多く含まれているポリフェノールです。細胞を活性化させる働きがあり、シミやシワの改善など、アンチエイジング効果があります。また、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをするため、バストサイズを大きくしたり、女性らしい体を作るのにも効果があります。

カカオマスポリフェノール

カカオマスポリフェノールは、チョコレートやココアの原料となるカカオに多く含まれているポリフェノールです。悪玉コレステロールの数を減らして血液をサラサラにしてくれたり、腸内に住みつくピロリ菌や病原性大腸菌の繁殖を抑えてくれる効果があります。また、リラックス効果もあるので、ストレスの緩和にも効果的です。

ルチン

ルチンはそばに多く含まれているコレステロールです。血液の流れをスムーズにしてくれる働きがあり、高血圧や動脈硬化の予防に効果があります。血行が良くなることから、冷え性の改善や疲労回復にも効果が見込めます。

クロロゲン酸

クロロゲン酸は、コーヒーに多く含まれるポリフェノールです。脂肪の蓄積を抑え、分解する働があることから、コレステロール値の改善、ダイエットに効果があります。糖尿病やがんなどの生活習慣病の予防に効果があります。


以上、代表的なポリフェノールの種類をいくつか紹介しましたが、ポリフェノールにはまだまだたくさんの種類があり、どのポリフェノールにもさまざまな健康効果、美容効果があります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加