ポリフェノールで高血圧が改善される

ポリフェノールで高血圧が改善される

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポリフェノールは高血圧の人にも、とても効能があると言われています。ポリフェノールの高血圧改善には血液サラサラ効果が大きく影響しているようです。高血圧のことをもう一度考えながら高血圧改善効果の仕組みをまとめてみました。

ポリフェノールとドロドロ血液、血管拡張


赤ワインやブドウ、緑茶、ココアなどに豊富に含まれているポリフェノールは、血小板の凝集を抑えるという作用から、ドロドロの血液をサラサラにする効果があります。そして最近では東大の研究によって、ルテトリンやケルセチンというポリフェノールの一種が、腸管でのコレステロール吸収阻害に高い効果があることを発表されました。

これらのポリフェノールは玉ねぎやリンゴ、シソに多く含まれています。このようにポリフェノールは血液をサラサラにする作用と、ドロドロ予防の2つの効果があります。血液がサラサラになることで血管内が細くなることが改善され血栓も予防できます。これらが高血圧の改善と大きく影響していきます。

高血圧とは?


血圧とは血液が血管内を流れるときの圧力のことです。心臓がポンプとなって血液を押し出しますが、その瞬間に最高の圧力がかかります。これがいわゆる最高血圧というものです。

血管が広がったときに圧は一番低くなり、それが最低血圧です。このどちらもが高くなったときを高血圧と言います。血液はコレステロールが増え、ドロドロした状態の血液になっていきます。

高血圧の原因


高血圧の原因は生活の不摂生や運動不足などいろいろ言われますが、実際の原因はまだはっきりしていない部分がとても多いと言われています。しかし、それを放っておくと血液がドロドロになり、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞、脳卒中などの重大な疾患になる可能性が高くなります。

ポリフェノールが高血圧の改善に効果があることは、いろいろな機関での研究でもたくさん発表されています。血液がサラサラになることが血管の健康にもつながり、高血圧改善に高い効果を見せてくれるのです。


PS.高血圧を悪化させる生活習慣や危険性、治療法についてもっとよく知りたい場合は、高血圧まるわかりを参考にしてください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加