ポリフェノール含有量の多いフルーツについて

ポリフェノール含有量の多いフルーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポリフェノールはフルーツにも豊富に含まれています。以下は特に含有量の多いフルーツになります(含有量の多い順に並べています)。尚、1日あたりのポリフェノールの推奨量は1500ミリグラムになります。

ブルーベリー
100グラムあたり250ミリグラム

ソルダム(すもも)
100グラムあたり246ミリグラム

ブドウ
100グラムあたり192ミリグラム

プルーン
100グラムあたり189ミリグラム

100グラムあたり53ミリグラム

リンゴ
100グラムあたり29ミリグラム

ブルーベリージャムがおすすめ!


ポリフェノールの含有量が圧倒的に多いフルーツはブルーベリーです。ブルーベリーを効率的に摂取するなら、ブルーベリージャムがおすすめです。毎朝の朝食で、食パンにブルーベリージャムを塗って食べれば、たくさんのポリフェノールを朝から摂取することができるでしょう。ブルーベリーのサプリメントなんかもドラッグストアで簡単に手に入るので、それらを取り入れるのもありです。

レーズンやドライプルーンもおすすめ!


ブドウやプルーンにも豊富な量のポリフェノールが含まれていますが、その多くは皮に含まれています。せっかくブドウやプルーンを買っても、皮を向いて食べたのでは、意味がありません。そこで、皮ごと乾燥させて作られているレーズンやドライプルーンがおすすめです。レーズンやドライプルーンなら、効率的に皮に含まれるポリフェノールを摂取することができるでしょう。

レーズンやドライプルーンは食べ過ぎに注意!


ポリフェノールがたくさん含まれているレーズンやドライフルーツですが、緩下作用があるので食べ過ぎると下痢を引き起こすこともあります。ビタミン、ミネラルも豊富で健康によい食品ですが、ほどほどにしておきましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加