ポリフェノールの疲労回復効果について

ポリフェノールの疲労回復効果について

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポリフェノールは疲労回復にも、とても高い効果があります。ポリフェノールと疲労回復の関係をもう少し深く掘り下げてみましょう。そして疲労回復が注目されている、いろいろなポリフェノールのご紹介もしていきたいと思います。

ポリフェノールと疲労回復の関係


わたしたちは筋肉を使うことで、その部分に活性酸素が急増し筋肉疲労が起ります。それによってわたしたちは疲労を感じるのです。外的な条件による筋肉疲労だけでなく、精神的なストレスによっても活性酸素は大量発生します。

そのために悩みを抱えるだけでも、どっと疲れることがあります。このように疲れには活性酸素がつきものなのです。その活性酸素を除去、分解することができるポリフェノールは疲労回復に大きな影響を与える成分なのです。

スポンサーリンク


疲労回復に注目されるポリフェノール


どんなタイプのポリフェノールも活性酸素を除去する抗酸化作用が高いために、疲労回復には高い効果が期待できます。特に注目されているポリフェノールをご紹介してみたいと思います。

ブルーベリーで眼精疲労

特にブルーベリーが眼精疲労に効果が高いと言われています。これはポリフェノールの中でもブドウなどの紫に含まれているアントシアニンという成分が眼精疲労に効果があります。アントシアニンは24時間持続するため、朝一番に目安量である50gのブルーベリーを摂取すると効果が期待できます。

ココア・チョコでホッと一服

ココアやチョコには、ストレス解消効果のあるカカオマスポリフェノールが豊富です。そのため、ちょっと一服の休憩時間に一杯のココアやチョコを一口食べるのはとてもおすすめです。またココアの苦さでもあるテオブロミンは血行を高め自律神経を調整する成分も入っています。カカオマスポリフェノールとともに精神安定、ストレス解消に効果があります。

梅で疲れ解消

梅に含まれる梅ポリフェノールという成分が、疲れ解消に深くかかわっています。特に梅ポリフェノールは高血圧や動脈硬化にも有効です。ストレスや疲労によって血管内にアシジオテンシン2という物質が急増し、これが動脈硬化などの原因になりますが梅ポリフェノールはこれらの成分を取りのぞき分解してくれます。

梅ポリフェノールの抗菌力だけでなく、梅の持つ高い抗菌力のため疲労によって起こる胃腸の不調にも有効です。梅にはポリフェノールの他にもカルシウム、ビタミン、クエン酸など疲労回復に効果のある成分がたくさん含まれているため、疲れたときの梅酒や梅割り焼酎、梅干し、梅酢など昔から大人気です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加