ポリフェノールのダイエット効果について

ポリフェノールのダイエット効果について

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポリフェノールは健康だけでなくダイエットにも高い効果があります。脂肪燃焼やむくみ解消なども高い効果が期待できるのです。ダイエットとポリフェノールの関係を考えていきたいと思います。

脂肪燃焼効果


ポリフェノールは強力な抗酸化作用があり、脂肪燃焼効果も高いと言われています。血液をサラサラにする効果も高く、脂肪燃焼効果も高くなります。

ポリフェノールが活性酸素を分解することにより細胞が若返ります。それによって内臓の働きも元気になり代謝もアップし、脂肪燃焼にも大きく影響していきます。つまり太りにくい体質を作りながらダイエットすることができるのです。

カテキンの力


ポリフェノールの一つであるカテキンは、体内で脂肪吸収を抑え、脂肪排出を促進します。特に緑茶、ウーロン茶などに多く入っているカテキンは、肝臓における脂肪燃焼効果も高いと言われています。油分の多い食事は、カテキンの多いお茶類と一緒に摂ることで、脂肪吸収を抑えることができます。

スポンサーリンク


むくみ解消


むくみというと水分の摂りすぎ、水分や老廃物が排出されないということが原因だと思われがちです。しかし実際には血管の機能低下が原因になっていることが多いのです。

血管機能の低下は、活性酸素の酸化やストレスが原因で起こることが多く、抗酸化作用の高いポリフェノール摂取によって血管機能がアップし、むくみが解消されます。

便秘解消


ポリフェノールには収れん作用があるため、下痢の改善に効果があります。しかし、逆にポリフェノールを摂りすぎると便秘になることがあるので注意しましょう。

適度に摂っている場合は腸の働きも元気になるので、逆に便秘解消にもなります。摂取量によってどちらにも効果が出るということを覚えておくと、その時の症状に合わせて適宜摂ることができます。

チョコレートダイエット


ココアのポリフェノール効果を利用したチョコレートダイエットは、カカオ含有量70%以上のチョコレートを1日に50g、食事の前に食べるというものです。

食前に脂質分の高いチョコを食べることで、食事の満腹感を早く感じるようになります。またチョコレートから取れるポリフェノールによって悪玉コレステロール除去効果もあり、メタボ予防や改善にも期待できるというものです。

このようにポリフェノールはダイエットにも大きく影響を及ぼすことが分ります。健康的にダイエットをするなら、やはりポリフェノールはしっかり摂取する必要がありそうです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加