ポリフェノール消臭効果について

ポリフェノール消臭効果について

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポリフェノールは体臭、口臭、わきが、そしていろいろな脱臭にも効果があると言われています。最近は「脱臭、消臭にお茶の力」なんていう言葉もあるほど、消臭に効果があると言われています。

ポリフェノールと匂い


特に消臭に関与の強いポリフェノールはカテキン類やフラボノイド類で、緑茶にも多く含まれるものです。ポリフェノールは活性炭と同じく匂い成分を吸着して消臭していきます。

また緑茶のタンニン酸というポリフェノールは酸化還元反応によって消臭します。つまりポリフェノールは匂いの成分と化学反応を起こし、匂いを中和してくれるというわけなのです。

消臭効果を利用する


ポリフェノールの消臭効果を利用した製品もたくさん出回っています。アンモニア臭にも効果があるのでトイレ消臭剤から体臭に対する消臭スプレー、口臭スプレーなどもあります。しかし自分でもできることがたくさんあります。苦めのお茶を利用してみましょう。

お茶を湿らせたガーゼなどで脇の下を数時間ごとに拭くだけでも、わきがや汗の臭いなどの消臭効果が期待できます。足の匂いもお茶を湿らせたガーゼで拭くことで消臭効果もあります。

お茶を出した後の茶殻をガーゼに包んで拭いても効果は十分あります。ポリフェノールは殺菌力も高く、雑菌の増殖を抑えるため消臭効果持続効力もあります。

お茶を飲むだけでも口臭効果があり、食間で口内水分が減ったときにお茶で口をすすぐと、口内に増えてしまった雑菌の殺菌もでき消臭もできます。その上、殺菌力で虫歯になりにくく歯垢が付きにくい効果もポリフェノールにはあるのです。

緑茶ポリフェノールについて


緑茶ポリフェノールは匂い成分の吸着、中和の消臭効果があるほかにも殺菌力が高く、匂いの元凶とも言える雑菌の増殖も抑えるので悪臭予防にもなります。つまり緑茶は万能消臭成分と言えそうです。

もちろんほうじ茶なども、緑茶を焦がしたもので同じように効果があります。いわゆる、お茶の出がらしの方が苦味があり効果が高くなります。そのため朝飲んだお茶のお茶ガラをパックに入れて、出掛けるときに持歩くのもおすすめなのです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加