ポリフェノールがアレルギー症状を抑える

ポリフェノールがアレルギー症状を抑える

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近はアレルギー症状で悩む人も増えています。いろいろなストレスから起こることも多いと言われていますが、特にアトピー皮膚炎や花粉症などがアレルギー症状として多く発症しています。アレルギー症状を押さえるためにはポリフェノールが有効だと言われています。さて、どのような理由がそこにはあるのでしょう。

ポリフェノールのアレルギー予防、改善効果


ポリフェノールには抗酸化作用、抗がん作用、殺菌作用、そして抗アレルギー作用があると言われています。ポリフェノールが不足すると、これらの作用が正常に行なわれなくなります。それによって重大な疾患になったり、やっかいなアレルギーを起こしてしまったりすることがあります。

ポリフェノールの抗アレルギー作用は、アレルギーの原因でもあるヒスタミンを抑えることです。それによってアレルギーを予防していき、その上アレルギーが起こったときに増える活性酸素を分解するために悪化を防ぐ効果もあります。

アレルギーを考える


アレルギーは一種の免疫の誤作動とも言える症状です。アレルゲンに対して実際の悪影響より、ずっと深刻に体が反応してしまいます。アレルゲン侵入によって免疫作用が誤作動することで、肥満細胞からヒスタミンを分泌し、炎症を起こして体内侵入を防ごうとします。アレルゲンに対して過剰反応している場所によって、皮膚炎だったり鼻水だったり涙だったりというかたちが違ってきます。

これがアレルギー症状ということになりますが、このときの炎症にともなって活性酸素が大量発生します。この活性酸素がまたアレルギー症状をひどくしていくということも発表されています。

ポリフェノールの抗酸化作用と、ヒスタミンを抑える作用と殺菌作用によって高いアレルギー抑性効果が起ると言われているのです。アレルギー予防にはアレルゲンをなくすことだけでなく、ヒスタミン分泌を抑えることがとても重要になります。ポリフェノールは水溶性なので溜めておくことができないため最低毎日、できれば1日数回に分けてポリフェノールを摂取するようにしたいものです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加